TOP >> Riders Info >> Pick Up Riders >> 6th EXR Snowboard Festival Asian Tour

Pick Up Riders

上野友希カズミキイチロウTeddy KOO大竹延王
韓国のフェニックスパーク

6th EXR Snowboard Festival Asian Tour Report

2009年1月、韓国のフェニックスパークで行われた「6th EXR Snowboard Festival Asian Tour」に、PSA ASIA代表として4名のプロが出場。TTR 3スターの韓国最大スノーボードストレートジャンプイベント。結果は如何に?!

年明け早々1月2日の昼過ぎ、韓国のインチョン国際空港に、大竹 延王、カズミ キイチロウ、テディー クー、上野 友希、4名のプロが集まっていた。
事務局職員2人も一緒に、ぎゅうぎゅう詰めのバンに揺られること3時間、韓国屈指のスノーリゾート「フェニックスパーク」に到着。今スノーボードがとても流行っているらしく、インターチェンジからフェニックスパークの間には何件ものレンタルショップが軒を連ね、朝3時まで全コースが営業しているというナイターも多くの人で賑わっていた。
インチョン国際空港 フェニックスパーク
さて、今回の訪韓の目的はと言うと…3日に行われるストレートジャンプのナイトイベント「6th EXR Snowboard Festival Asian Tour」にPSA ASIA枠が設定され、招待選手として参戦しにやってきたのである。この競技会、賞金総額US$10,000でTTR3スター、韓国最大規模のスノーボードイベント。スポンサーのEXRは、日本にもフラッグストアを持つ韓国の代表的なファッションブランドで、長年に渡ってKSBA(大韓スノーボード協会)をサポートしている。
レジストレーション ミーティング
早速レジストレーションと選手ミーティングを済ませ、ナイターを滑ったが、人口雪ながらマイナス10度前後という気温もあり雪質は上々。パークもボックス、レール、キッカー、ハーフパイプと充実している。
23時頃、大竹プロの友人であるフニさんの友人に、地元のレストランに連れて行ってもらった。ゲレンデもレストランも遅くまでやっているのでどうしても夜が遅めになる。1時過ぎに宿に戻り、遅めの就寝となった。
練習 GS
3日はゆっくり起きて、パークで調整。上のコースでは同じEXR競技会のGS(アルパインレース)が行われていた。
そのGS競技会場で使われていたスタートゲートがパークに移され、ジャッジテントが設置され、テレビカメラも何台か設置された。クレーンカメラまである。プレスのカメラマンも多数。リップの両サイドには、花火や炎柱の出る装置もセットされ、19時、いよいよ競技会スタートとなった。
会場風景 スタートゲート
会場アナウンスは全て韓国語で、進行が良くわからないこともあったが、予選は女子が1位、男子も1-2-3フィニッシュで全員勝ち上がり、さらに寒さが増したころ、決勝が始まった。TTR3スターだけあり、うまい選手が集まっていたが、やはりPSA ASIAライダーのうまさが際立つ。このまま上位独占を狙って欲しい。
競技 競技
本戦の結果はと言うと…女子は初の韓国にして初の海外競技会という上野プロが見事優勝! 練習中は「全然合わせられない」と言っていたのが嘘のようにしっかりと決めていた。女子は特に実力差が大きかったように思う。
男子は最後の最後にcab1080で果敢に攻めてきた韓国人のクォン・デ・ウォン選手に逆転されて優勝を譲ったものの、準優勝にはcab900とfront1080で魅せたカズミプロ、続く3位にクープロ、4位に大竹プロと続き、2-3-4フィニッシュを飾った。
女子表彰式 男子表彰式
これからCANADA OPENに向かうカズミプロも、韓国XTVに2年連続出演したという大竹プロも、ともに韓国人ライダーとの親交が深く、また、プロ1年目ながら大活躍中のクープロは父親の祖国でもある。みなそれぞれ特別な感情もあったと思う。今競技会、事実上の日韓対戦といった雰囲気もあったが、男女ともに見事な活躍を見せてくれた。
この模様は、韓国主要テレビ局「SBS」により撮影され、現地韓国での特番放映も行われた。
カズミプロテレビ取材 みんなで

4日朝、寝不足&飲み過ぎ状態でなんとかソウル行きのバスに乗り込み、少しだけソウル観光しての帰国となった。
選手も時間的余裕のないビザの取得やハードなスケジュールをこなしたが、招待してくださった主催者、寒い中スムーズな運営に尽力された競技会役員の方々、終始色々と面倒を見てくださったフニさんと、JSBA国際委員会の石原さんに感謝したい。

韓国でスノーボードがここまで広まったのはここ数年のことらしく、全体的なレベルはまだ日本のが上であるが、うまい選手もいて、これからもどんどん出てくるハズ。今後も韓国スノーボード界から目が離せない。
今は円が強いし、韓国料理もウマいし、スノーボードに観光に、皆さんも韓国を旅行してみてはいかがだろうか。(事務局 谷口)

EXRオフィシャルサイト http://snowboard.exrkorea.com
大竹プロのブログ http://blog.ikenotaira.net/blog/park/
カズミプロのブログ http://ki1.jugem.jp