TOP >> Riders Info >> Pick Up Riders >> 尊人

Pick Up Riders

尊人

2007年9月21〜23日 FreeStyle.ch

日本から直行便でも10時間もかかる遠い国Switzerland。
その玄関都市であるZurichの湖畔に設置された巨大なストレートジャンプ台に、日本人スノーボーダーが初めて挑む!
日本の侍は、西洋の国でどんな活躍を魅せたのか?
帰国したばかりの尊人プロに直撃インタビューしてみました!

PSA:
尊人プロ、お帰りなさい!長旅お疲れ様でした。
まだ日本は残暑が厳しいですが、今期初大会のFreeStyle.chに参加してみてどうでしたか?
尊人:
いい経験だったぁ〜。今回の大会は斬新で新鮮だったよ。
屋外の街中で、秋にやるイベントも初めてだったし、まさかスイスの初滑りが街中だったなんて!!
他のライダー達も、凄く豪華な面子で、彼らの滑りが見れて楽しかったし♪
PSA:
地元スイス出身のStephan Maurer、日本でも人気のAntti Autti、トヨタビッグエアを制したKevin Pearceなど等、本当に豪華な顔ぶれでしたよね!
尊人プロにとっては、アウェーの大会になるのですが、どんな雰囲気でしたか?
尊人:
俺の出番が来た時に、『日本からやってきたスシボーイ!』って言われた・・・。
せめて忍者ボーイぐらいにしといてくれぇ〜w
PSA:
スシボーイですかぁ〜♪日本と言えば【寿司・天ぷら・富士山】だから、『スシボーイ』は、彼らにとって最高の位置付けなのかもしれませんね!(笑)
そうそう、今大会のジャッジングは、いつもと違ったらしいですが、、、
尊人:
そう、ジャッジが特殊で3本中2本のベストなんだけど、テクニカルジャッジとスタイルジャッジで2個に分かれてて、スタート前にどっち狙いで行くか?を決めないといけないのが新しかったよ。
PSA:
えっ!? 自分でどっちをジャッジして欲しいかが決められるって事ですか?
いままでにない新しい試みですね〜
尊人:
そう、変なルールだけど、2本決めないと点数が伸びないから、メイク率も重要だったね。
スゲーよ、このルール。厳しい・・・。
でも、スタイルジャッジで高い点数が出たときは嬉しかったなぁ〜
PSA:
おぉ〜、伝家の宝刀マサカリエアーは健在ですね♪生で尊人プロの飛びを見たかったです!
ところで、一番気になるリザルトですが、、、どうでしたか?
尊人:
ん〜、結果は6位だったよ。
アバラを痛めているうえに、風邪ひいていて、、、1週間寝たきり状態から、いきなり全開で滑るのはもう嫌だなぁ。
今度は万全な体で挑戦したいよ。
PSA:
その状況で6位!(汗)もし万全な体だったら表彰台は確実でしたね!?
体調が悪くても、この大舞台に立ち、こんな素晴らしいパフォーマンスを魅せることができる尊人プロは、本当にプロの中のプロ!次の大会での活躍を期待しています。ありがとうございました♪

写真提供:FreeStyle.ch http://freestyle.ch/